2228239
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

残暑お見舞い申し上げます!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/28(Fri) 11:48 No.13247   

来週早々、9月になろうとしているのに、ホント、暑いですネ。

その割には、採集に行ってもクワカブはほとんど見かけなくなってきました。

特に、今年は、5月に下見に行った頃がオオクワにも会えたし、ヒラタも沢山いたような…。

6月には、川西で久しぶりにミヤマも採集できました。

多分、北部の猪名川町まで行けば、まだまだ自然が残っていそうな気がしますが、イノシシと鹿の影響?で、マダニが至る所にいて、スズメバチ以上の脅威!です。

そんな中、先日、今年、知り合った若い友人と、友人の母校前の公園に昼間から採集に行って来ました。

流石に、暑さは危険レベルで、その友人は1週間前、炎天下でテニス中、熱中症で倒れて、救急車で運ばれたばかりでしたが、さすがに若きスポーツマンだけに回復が早い!

最近、オープンしたばかりで、未だ整備中の公園に行くと、カメラを持って散策している愛好家の方にも出会え、また昼間からクワガタ、タマムシまで出会えて、幸せな一日でした。

さて、話は変わりますが、ちょくちょく立ち寄っている、魅力的な女性の書き込みに思わず、見入ってしまいました。

「自分の心が正しいと思う事をやりなさい。

どちらにせよ、批判されるのだから…。

エレノワ・ルーズベルト」

確か、こんな言葉だったように思います。

私ごときは、批判されても、しれていますが、有名になればなるほど、今の世の中、批判に晒されてしまいます。

そんな時の心の拠り所を、大学を卒業したばかりの女性が、自分のブログに書いているのです。

今の若者はホント、進化していますネ。

最近、アジア圏の中国の若者とメールでやり取りしているのですが、資産運用だけで?、普通の?若者が年収5千万円を稼いでいる世の中です。

私も、少し価値観を見直してみたいと思いますが、今年亡くなった父の遺言?!は、ただ一言、兄妹、仲良く!だけでしたので、言葉ではなく、父が自分の一生を通じて、行動を持って私に伝えたかった事柄を思い起こして、残りの人生を生きていきたいと思います。

クワガタのお話ではなくて、申し訳ありませんでした。






ゴールド成虫オークション終了のお知らせ!... 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/19(Wed) 11:08 No.13246   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

日本中を猛暑が襲いかかっていますが、お元気ですか?

私が住んでいる大坂、京都の最高気温は普通ではないですネ。

38℃とか39℃とか、平気で表記されていますが、普通ではありませんネ。

それより、最低気温が30℃を切らないのが怖ろしいです。

皆さん、体調を崩さないよう、くれぐれも暑さ対策には気をつけてくださいネ。

さて、今週も、オークションにお立ち寄りいただき、誠に有り難うございます。

今年はホペイを極めたい!という目標があったため、父の最期を見送る時期とも重なり、国産オオクワガタの割り出しが遅れ遅れになりましたが、久々に川西産の特徴を色濃く持ち合わせた個体が羽化していたため、父の納骨が終わったところで、少し気持ちに余裕ができたため、集中して、皆様に見ていただきたいと思った次第です。

昨年度は、羽化した個体を取り出す時の歓びを愛好家の皆様に是非、味わっていただきたいと思い、ほとんど幼虫でお譲りしてしまった関係上、超大型個体を除き、成虫でお譲りできる個体がほとんどいなくなっている事に気付き、というより、来年度の繁殖個体をどうしよう⁉という事態に陥ったのですが、何とか今回までたどり着くことができました。

まだ少し、羽化待ちの個体がいるのですが、オークションでのゴールド系統の成虫の出品は今回で一旦、終了とさせていただきます。

短期間でしたが、多くの方々にお立ち寄りいただき、また、川西産本来の魅力に接していただけたこと、非常に嬉しく思っています。

今後は幼虫中心、ホペイ中心になりますが、国産オオクワガタの理想形を追求する過程に、私が飼育している系統のホペイが存在する!という信念のもとに、現在、ホペイ飼育に取り組んでいますので、真のオオクワガタ愛好家の皆様には、是非、一度、ホペイを手に取っていただき、その形状のみならず、体表面の美しさにも注目していただければ幸いです。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

初盆 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/12(Wed) 09:32 No.13244   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

今日は、いや今日も、本当に暑かったですネ。

このコメントを書いている日付は、本当は8月15日、終戦記念日です。

今日は、父が亡くなって初めてのお盆で、我が家の菩提寺様にて「初盆」の供養に行って来ました。

両親はクリスチャンでしたが、森田家代々の宗派が浄土真宗のため、お墓はあったのですが、京都・西本願寺・大谷廟に祖父の代から納骨しています。

というのは、戦争で父の実家が全焼し、お寺さんも焼夷弾で焼けてしまい、ほとんど何も残っていない!というのが正直なところかもしれません。

元々は、堺の商人で、泉州地方で綿で儲けて両替商になり、堺の七人衆?であったと記されています。

私の祖父は、一人息子で、外交官を志し、東大・法学部に進学しながら、政治家の書生をしていたらしいですが、高等文官試験に合格して、さあ、これから世界に羽ばたこうとしたところで、一人息子ゆえに、大阪に連れ戻されて、家業の傍ら、吉本興業の顧問弁護士をしていたそうです。

その長男が私の父ですが、家業を継ぐのがイヤで、というより、丁稚奉公をするのがイヤで、必死に勉強して、夢叶って学者になったそうです。

自分には厳しいヒトでしたが、私には本当に甘い親でした。

分かっていても、父に甘えてしまい、現在の私がいます。

いつまでも、生きていて欲しかったです。




ヒグラシ 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/12(Wed) 09:31 No.13243   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

ホントに暑い日が続きますネ。

昨日は、久しぶりに涼を求めて、家族4人で女房の運転で京都の北の貴船、そして鞍馬寺に行って来ました。

当初は、出町柳駅から京福電鉄に乗って、八瀬と大原、または貴船と鞍馬に行こうとしたのですが、先の台風の影響で、未だ貴船も鞍馬も電車が不通で、現地に行って初めて、杉の木がなぎ倒されたままの惨状を目の当たりにしました。
線路の中にトラックが入っていて驚きました。
何とか、道は復旧していて、鞍馬駅からケーブルカーに乗って、鞍馬寺まで登りました。
上は涼しいだろうと思っていたのですが、何と鞍馬駅付近でも33℃の電光掲示板⁉の表示があり、汗だくで、鞍馬寺まで登りました。
普段は涼しいせいか、エアコンの効いた場所が全くなく、1人、ケーブルカーに乗らずに歩いて登った息子は、熱中症⁉になりかけていました。
そして、聞こえてきたセミの声は、ミンミンゼミと何とツクツクホーシで驚きました。
夕方近くまで休憩して下山しようとした時に、やっと、辺り一面からヒグラシの鳴き声が響き渡ってきました。
本当に、風情のある鳴き声ですネ。
しばし、足を止めて聞き入っていましたが、急に雲行きが悪くなり、急いで車に戻ったのですが、車に乗って1分も経たない内に、トンデモナイ夕立ちが襲いかかって来ました。
昔からそうですが、京都の夕立ちは凄まじいです‼
約10分間で雨が小雨になって、市街に戻ったのですが、市街地は
晴れていて、さすが山沿いのお天気は怖いと思った次第です。
避暑地が避暑地ではなく、夏バテに拍車がかかりましたが、短時間ながら鳴き声が聞けたヒグラシに癒された一日でした。

オークション開催!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/12(Wed) 09:31 No.13242   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

猛暑とコロナの感染拡大により、外出が億劫な今日この頃ですが、皆さん、お元気ですか?

今年はゴールド系統は個人の楽しみだけで伏せておこうと思ったのですが、やはり、川西産の真の魅力を知っていただきたいと思って、オークションの開催を決断しました。

個人的には、オオクワガタの真の魅力を有しているのは、可能性としては、体表面の艶と迫力を加味すると中国産オオクワガタのホペイに軍配が上がると信じて疑わないのですが、やはり、自己採集した個体をオリジナルとして累代を重ねてきた川西産オオクワガタの末裔であるゴールド系統には特別の思い入れがあります。

しばらく、ホペイのオークションを中心に行なっていたのですが、真の川西産の理想の形状を伝える事が出来るのは、ひょっとしたら私しか無いかもしれない!と思い、オークションの開催を決意しました。

川西産は、ちゃんと、知る人ぞ知る、確かなルーツがあります。

そして、不確定かもしれませんが、私が幼い頃に出逢った、真の理想形のオオクワガタを彷彿させる、見事な採集個体を何頭も川西で自己採集、または採集個体を多々、見て来ました。

その面影を残し、より丸みと迫力とバランスを兼ね備えた個体を追い求めてきた結果が、ゴールド系統です。

ただ、川西に自然に棲息していた個体の面影を持たない川西産を名乗った個体が余りにも世の中に氾濫し過ぎました。

理由は多々あるでしょうが、本当にオオクワガタが好きで無い人達が、余りにも多くオオクワガタに関わり過ぎた事が原因だと思っています。

趣味の世界ですので、色々な楽しみ方があると思いますが、それはそれで良いと思いますが、自然の中で採集した、中歯型がほとんどのオオクワガタの中で、たまに採集できた、あの大歯型の素晴らしい形状が私の瞼の中に蘇って来ます。

川西産の個体の中には、本当にカッコイイ!!!個体がいました。

その進化形を、皆さん、一緒に追いかけてみませんか?

川西オリジナルの形状を色濃く残した上で、その進化形を…。

もう暫く、オークションは継続しますネ。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -