2229847
オオクワガタに魅せられて
[トップに戻る] [アルバム] [留意事項] [ワード検索] [管理用]
おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字で8文字以内)
投稿キー (投稿時 投稿キー を入力してください)
文字色
・画像は管理者が許可するまで「COMING SOON」のアイコンが表示されます。

今、月の近くに見えるのは火星のようですね 投稿者:Basser 投稿日:2020/10/03(Sat) 00:58 No.13254   
ケンケン様

私も今、ビール片手に琵琶湖湖畔から月を見上げました。
ケンケン様がおっしゃっていた月の左上の明るい星ってこれだな?と。
国立天文台のサイトで調べるとやはり火星のようでした。

Re: 今、月の近くに見えるのは火星のようで... - ケンケン 2020/10/07(Wed) 11:26 No.13255


コメントが遅くなりました。

わざわざ、火星の話を調べていただき、有り難うございます。

忙しい時は、宇宙に、というより周りの自然に目を向ける余裕がありませんが、フッとした瞬間に目が自然と空に向きました。

火星がリングのように輝いていたので、驚いた次第です。

乱視かな?と思いつつ、何度も見直しましたが、やはり、惑星には見えずに、最後は天文が専門の次女を現場に呼んで見てもらいましたが、お父さんの気のせいちゃうん?!と言われて、撃沈しました。

でも、素晴らしいお月様でしたネ。

昔の人は、自然しか見る物が無かったと思いますので、自然に対する感性が研ぎ澄まされていたと思います。

歳を取るにつれて、感性が鈍ってきたのが分かりますが、目と耳が衰えても、美しいモノを美しいと感じられる感性は、いつまでも持ち続けていたいですネ。



今夜は中秋の名月ですネ!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/10/02(Fri) 00:43 No.13253   

オオクワガタ、愛好家の皆様、こんばんは。

今晩は、雲一つない秋晴れ?ですネ。

お月様が本当に美しいです。

と、同時に、夏の季節が完全に終わって、秋の訪れを実感します。

昼間の陽射しは、まだまだ、夏の陽射しで汗ばむ陽気で、思わず嬉しくなりますが、6時前に日没を迎えると、流石に寂しい気持ちになります。

話が急に飛んでしまいますが、私の目が歳のせいか、急激に視力が低下して、夜中の0時を回って月が南中した時刻に、月の左上にある火星?がリング状で、瞬いているように見えました。

火星が壊れた!!!???

一瞬、驚きましたが、まあ、そんな事が人生の中で一度はあってもいいかな?と思えた、中秋の名月でした。

私は太陽が一番、好きですが、Mさん、貴女が好きなお月様は、今は私も大好きですヨ…。

そう、心の中で想った今年の中秋の名月でした。


ご無沙汰しています!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/09/30(Wed) 18:55 No.13251   

真のオオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

スッカリ、ご無沙汰してしまいました。

季節も、シッカリと、秋ですネ...。

私は、というと...、今年の夏は、コロナ渦の中で、3年前の母と同様、最期を看取れなかった父への想いもあり、夏男の私でさえ暑さが身に(心に?)沁みました。

私の気持ちを癒そうと、友人達が多忙の中、何度か採集に誘ってくれて、それなりに野外採集をエンジョイできたことは、ホントに救われました。

有り難うございました。

本当に、心から感謝しています。

ここ暫く、歳のせいか、視力の低下が著しく、車の運転もままならず、また、脊椎間狭窄症(?)のために街中での歩行が困難で、中々、元気の素が湧いて来ないのですが、川西のポイントに行って、長靴を履いた途端に、山道をサッサと元気に歩いている私がいます。(笑)

本当に、勝手なものです。

また、今年は昨年度に比べて、コロナの影響で家にいる時間が多いせいか、飼育の方は非常に充実した時間を過ごせています。

来年度は、オオクワガタをはじめ、他の種類のクワガタも久々にブリードに励んでいます。

結果は、来年をお楽しみに!!!

それにしても、野外採集のミヤマ、ノコギリ、ヒラタ、アカアシ等、明日から10月になろうとしていますが、未だ元気にしていますので、ミヤマと各種ノコギリは、何とか年越しさせたいと思っています。

さて、話は変わって、オークションですが、昨日、成虫の整理をしていて、魅力的な個体がいましたので、本日、出品してみました。

私が落札したい個体ばかりです。

幼虫も今年は大豊作で、来年は、我が家でも、お譲りした皆様のお宅でも、きっと、魅力溢れる「川西産の面影を色濃く残した」個体が、世の中に溢れることでしょう。

そう思わずにはいられない個体群、幼虫軍が出現しています。

楢枯れの被害が進む中、一方では、川西に自然が戻りつつあります。

昨夜、テレビの深夜番組で、新潟県の福島県との県境付近での灯火採集が放映されていました。

番組の性質上(?)やらせかもしれない???と司会者も匂わす中、オオクワガタの♀と中歯が、カブト♀やミヤマ、ノコギリに交じって飛来していました。

中々、初夏の梅雨の時期の樹液採集で、オオクワガタを採集できる機会は激減しましたが、まだまだ、ひっそりとご当地オオクワガタが人知れず生き延びていてくれることを密かに願っています。

秋の夜長に、ちょくちょく掲示板に書き込みますので、皆さん、また、是非、お立ち寄りください。







残暑お見舞い申し上げます!!! 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/28(Fri) 11:48 No.13247   

来週早々、9月になろうとしているのに、ホント、暑いですネ。

その割には、採集に行ってもクワカブはほとんど見かけなくなってきました。

特に、今年は、5月に下見に行った頃がオオクワにも会えたし、ヒラタも沢山いたような…。

6月には、川西で久しぶりにミヤマも採集できました。

多分、北部の猪名川町まで行けば、まだまだ自然が残っていそうな気がしますが、イノシシと鹿の影響?で、マダニが至る所にいて、スズメバチ以上の脅威!です。

そんな中、先日、今年、知り合った若い友人と、友人の母校前の公園に昼間から採集に行って来ました。

流石に、暑さは危険レベルで、その友人は1週間前、炎天下でテニス中、熱中症で倒れて、救急車で運ばれたばかりでしたが、さすがに若きスポーツマンだけに回復が早い!

最近、オープンしたばかりで、未だ整備中の公園に行くと、カメラを持って散策している愛好家の方にも出会え、また昼間からクワガタ、タマムシまで出会えて、幸せな一日でした。

さて、話は変わりますが、ちょくちょく立ち寄っている、魅力的な女性の書き込みに思わず、見入ってしまいました。

「自分の心が正しいと思う事をやりなさい。

どちらにせよ、批判されるのだから…。

エレノワ・ルーズベルト」

確か、こんな言葉だったように思います。

私ごときは、批判されても、しれていますが、有名になればなるほど、今の世の中、批判に晒されてしまいます。

そんな時の心の拠り所を、大学を卒業したばかりの女性が、自分のブログに書いているのです。

今の若者はホント、進化していますネ。

最近、アジア圏の中国の若者とメールでやり取りしているのですが、資産運用だけで?、普通の?若者が年収5千万円を稼いでいる世の中です。

私も、少し価値観を見直してみたいと思いますが、今年亡くなった父の遺言?!は、ただ一言、兄妹、仲良く!だけでしたので、言葉ではなく、父が自分の一生を通じて、行動を持って私に伝えたかった事柄を思い起こして、残りの人生を生きていきたいと思います。

クワガタのお話ではなくて、申し訳ありませんでした。






ゴールド成虫オークション終了のお知らせ!... 投稿者:ケンケン 投稿日:2020/08/19(Wed) 11:08 No.13246   

オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

日本中を猛暑が襲いかかっていますが、お元気ですか?

私が住んでいる大坂、京都の最高気温は普通ではないですネ。

38℃とか39℃とか、平気で表記されていますが、普通ではありませんネ。

それより、最低気温が30℃を切らないのが怖ろしいです。

皆さん、体調を崩さないよう、くれぐれも暑さ対策には気をつけてくださいネ。

さて、今週も、オークションにお立ち寄りいただき、誠に有り難うございます。

今年はホペイを極めたい!という目標があったため、父の最期を見送る時期とも重なり、国産オオクワガタの割り出しが遅れ遅れになりましたが、久々に川西産の特徴を色濃く持ち合わせた個体が羽化していたため、父の納骨が終わったところで、少し気持ちに余裕ができたため、集中して、皆様に見ていただきたいと思った次第です。

昨年度は、羽化した個体を取り出す時の歓びを愛好家の皆様に是非、味わっていただきたいと思い、ほとんど幼虫でお譲りしてしまった関係上、超大型個体を除き、成虫でお譲りできる個体がほとんどいなくなっている事に気付き、というより、来年度の繁殖個体をどうしよう⁉という事態に陥ったのですが、何とか今回までたどり着くことができました。

まだ少し、羽化待ちの個体がいるのですが、オークションでのゴールド系統の成虫の出品は今回で一旦、終了とさせていただきます。

短期間でしたが、多くの方々にお立ち寄りいただき、また、川西産本来の魅力に接していただけたこと、非常に嬉しく思っています。

今後は幼虫中心、ホペイ中心になりますが、国産オオクワガタの理想形を追求する過程に、私が飼育している系統のホペイが存在する!という信念のもとに、現在、ホペイ飼育に取り組んでいますので、真のオオクワガタ愛好家の皆様には、是非、一度、ホペイを手に取っていただき、その形状のみならず、体表面の美しさにも注目していただければ幸いです。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20] [21]

処理 記事No 暗証キー

- Joyful Note -