おなまえ
Eメール
タイトル
コメント
参照URL
添付File
暗証キー (英数字8文字以内)
画像認証 (右画像の数字入力) 投稿キー
文字色
今季初の70天然ミヤマ

ケンケン様、皆様、こんにちは。

オオクワガタではないのですが、今季初めての大型(当方の地域では)ミヤマを採取いたしましたので投稿させて頂きます。

自己最高記録が72mmなのでこれを上回る個体を何としても自力採取したいと思います。

群馬44 2018/07/06(Fri) 12:43 No.12813 [返信]
Re: 今季初の70天然ミヤマ
羨ましい限りです!

早く、雨が一段落して、来週中にはミヤマと出会いたいです。
ケンケン 2018/07/07(Sat) 21:44 No.12814
久々のオークション開催!!!


オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

スッカリ、ご無沙汰してしまいましたが、お元気ですか?

実は、オオクワガタ採集で足を踏み外して滑落し、腰椎と頸椎を痛めてしまいました。

このため、起き上がれない、座れない、歩けない、の三重苦に見舞われ、オークションも丸々、二週間、休んでしまいました。

お蔭様で、歩く事は出来るようになり、歩ければ当然ながら、この季節は気持ちが川西に飛んでいますので、女房に運転してもらい、既に簡単な場所への採集は復帰しました。

現在はヒラタの季節が終わり、樹液にはノコギリが群がっています。

オオクワガタは、今年は一度、採り逃がし、未だボウズの状況ですが、不思議と採れそうな予感がしています。

ただ、ミヤマが問題で、ここ数年、本当に見なくなってしまいました。

場所が悪いのか、時間帯が悪いのか、本当に数が減ってしまったのか…。

九州の友人・知人からのミヤマ採集連絡を受けるにつれて、早く自然の中でミヤマを採集したい気持ちになりました。

今年は、久々に九州に行きたいです!!!

さて、昨日よりオークションを開催しました。

まずは幼虫ですが、上手く撮影できれば成虫も出品する予定です。

まだチョット、滑落の後遺症が残っていて、個体の撮影が困難なため、可能な範囲で撮影を試みたいと思います。

ケンケン 2018/06/27(Wed) 13:14 No.12811 [返信]
サッカー・ワールドカップ!!!


オオクワガタ愛好家の皆様、こんばんは。

今日は、雨風の影響で川西採集は断念し、サッカーのワールドカップを観戦していました。

私は決して熱狂的なサッカーファンではないのですが、最近は大好きだった野球観戦より良く見ます。

ただ、直前の監督の解任劇には、会長及び一部の選手に対して日本人の根底に流れている「礼儀」を欠く言動があったのは明らかで、非常に批判的な立場を取りつつも、やはり気になってみてしまいました。

直前までは、○○選手が先発ならコロンビアを応援する(!?)というような頑なな言動を女房にしていたのですが、先発が香川でホッとし、試合開始早々、あり得ない事が起こってしまい、PKかつ相手選手が一発レッドカード退場という予期せぬ状況の中、香川選手が冷静にゴールを決めてくれて安心のスタートを切ってくれました。

でも、さすが南米のコロンビア代表、個人のレベルは非常に高く、中々、一人少ない中でも優位な試合運びをさせてくれませんでした。

前半35分過ぎ、日本のゴール前で長谷部が小競り合いしている中で、???と思うような状況の中、フリーキックを取られた時、イヤーな予感がしましたが、やはり相手は策士、まさか地面を這うようなスピードのある球を蹴り出すとは思いもよらず、皆がジャンプした足の下をボールがゴールの右隅に吸い込まれてしまいました。

あの状況では、さすがの川島選手も対応するのは困難だったでしょう。

前半は、急に訪れたチャンスは、きっと予期せぬ出来事だったため、ハーフタイムの休憩中に意思統一を図って、今一度、作戦を練り直したことでしょう。

そして、後半、人数にモノを言わせて相手陣地での戦いが主でしたが、さすが南米のコロンビアはカウンターを持っているため、何度もヒヤヒヤさせられました。

そんな中、注目の選手○○がウオーミングアップして香川選手と交代すると、何故か素直に交代を受け入れている私がいました。

最初のシュートで体をほぐし、コーナーキックに持ち込んだ場面では、きっと、セットプレーに持ち込むだろうと思って見ていると、間髪を入れずに率先してコーナーキックを蹴り、見事に大迫選手のヘディング・シュートをアシスト(?)しました。

解説者は、○○選手のコーナーキックには触れずに、大迫選手のヘディングシュートにばかり触れていましたが、きっと、今回の○○選手は我を通すのではなく、若い選手のサポート役に徹して、繰り返し繰り返し練習したセットプレーの成果を、この本番で引き出す、素晴らしいコーナーキックを蹴る事に繋がったのでしょう。

真に陰のファインプレーだったと思います。

兎に角、今晩は日本のお祭り騒ぎだと思いますが、後半の長い長いオプショナルタイム5分間を守り切った日本は、本当に強いと思います。

確かに、シロート目に見てもミスが目立った試合でしたが、次のセネガル戦では、11人同士で闘う戦略・戦術を今一度想い出し、何とか引き分け以上に持ち込んで欲しいと思いました。

中4日ですが、第2戦も精一杯、応援するぞ!!!

長友選手の、金髪の笑顔を信じて、謙虚に大胆かつ繊細に、自分たちの長所を出し切ってほしいと切に思いました。

頑張れ!!!日本!!!

ケンケン 2018/06/20(Wed) 01:25 No.12809 [返信]
地震…


オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

今日は午後からの仕事で、女房の出勤を布団の中で見送った直後、今まで経験した事の無い揺れと携帯電話の警報音で飛び起きました。

まずは、亡くなられた三人の方々、特に小学生の女の子のご冥福を心からお祈り致します。(本当に痛ましいです。)

阪神大震災の時は、私は筑波に転勤で、東北の震災の時は既に大阪に戻って来ていましたので、親戚の方から被災の状況を聞くばかりだったのですが、阪神淡路大震災の時より大阪の震度は大きく、観測史上、最大だと聞いて、自分の体感震度と照らし合わせて納得した次第です。

昔から「地震、雷、火事、親父」という言葉がありますが、やはり、何の前触れもなく甚大な被害をもたらす地震は最も恐ろしいですネ。

本当にヒトは奇跡的に地球上で生きているように改めて感じました。

実は、昨夜も採集に出掛けたのですが、風が強く、大物は何も見かけず、ヒラタ1頭、コクワ多数で早めに切り上げてきました。

今日は、朝は雨でしたが、昼からは晴れて蒸していますので、風さえなければ絶好の採集日和ですが、今朝の地震で本箱のビークワが落ちて床に散乱してしまったこともあり、明日から本格的な梅雨の日が続くとわかっていても、二の足を踏んでしまいそうです。

今週は、家で新成虫の割り出しを楽しみながら、オークションに備えたいと思います。

ケンケン 2018/06/18(Mon) 16:22 No.12808 [返信]
美しいカラスアゲハ


オオクワガタ愛好家の皆様、こんにちは。

普通だと、こんばんは!の時刻なのですが、夏至が近くなって今日のように快晴のお天気だと、まだまだ太陽が沈まずに明るい関西地方です。

今日は、今から川西まで採集へ行く予定なのですが、実は先日の採集で足を踏み外して滑落(?!)した影響で腰痛が悪化した上、リハビリがてら、昨日も歩いている時に足がつってしまい、思わずショッピングモールのベンチに座り込んだ次第です。

このため、今週のオークションは開催できずに誠に申し訳ありませんでした。

来週は、頑張って出品しますネ。

さて、久々に年齢を感じさせられた(自然には危険が一杯だと改めて気づかされた!!!)採集でしたが、久々に美しい自然とも出逢うことができました。

そう、カラスアゲハを見かけたのです。

本当に何年ぶりでしょうか???

写メに撮ることができれば、勿論、掲示板にアップしたのですが、残念ながら、その余りに優雅で俊敏な動きのため美しい姿を見たのは一瞬の出来事でした。

それにしても、あの美しい色は、どこから来るのでしょうネ。

南米には、モルフォ蝶のように、光の加減で異なる、見事な明るい原色ブルーの蝶がいますが(今日の昼間、地元の自然遊学館で標本を見てきました)カラスアゲハの色は、シックで、これも光の当たり具合で変色する素晴らしい色ですネ。

何年か前、その時も同じ友人と採集に行った時、昼間でしたが小川のせせらぎ付近に美しいイトトンボがいて、これは写メで撮ってもらい、現在、私のラインの待ち受け画面です。

オオクワガタ採集は、私の中では日暮れ時から夜にかけて、と決まっているため、暗闇の中でライトに照らしだされるモノしか脳裏に焼き付いていないのですが、最近のように昼間に下見をすると、今まで見えなかった、このように美しい生き物、そして新緑の緑を観賞することが出来て本当に幸せです。

昨日も、雨上がりの夕陽の中、女房の運転でショッピングモールに行く途中、急に小雨が降って来て「また雨か?」と思った瞬間、東の空に虹が出ていて、余りの美しさにビックリしました。

今回の虹は、何故か二重の(?!)虹で、色が反転しているのに改めて気づきました。

皆さん、ご存知でしたか??? この事実???

本当に自然の中には感動が一杯、ありますネ。

では、これからホタル観賞を兼ねて、クワガタ採集に行って来ます。

ケンケン 2018/06/16(Sat) 19:03 No.12805 [返信]
本日の採集結果!!!

皆さん、こんばんは。

本日、チョット肌寒く感じる中、女房と次女と三人で川西まで採集に行って来ました。

現地も気温が低く爽やかな気候のため、半ば採集を諦めていたのですが、ヒラタの御神木には今日もヒラタがペアーでいました。

私は実は川西でのヒラタのメスの採集は久々で、♂の割りには♀のサイズが大きく、しかも右手で♂、左手でピンセットを持って、まさに穴に入ろうとする♀を掴んでいました。

ヤッター!!!

私の中では最大クラスのヒラタの♀でした。

オオクワの♀の採集より希少で、非常に嬉しかったです。

あとは、女房と次女を車に待たせて、一人、険しい山道を登って採集に出掛けたのですが、残念ながら目的のミヤマに出逢う事は無く、ヒラタ以外はコクワとノコギリだけでした。

他地域でのミヤマ採集個体がオークションで出品されているのを見ては、羨ましい気持ちになるのですが、今年は是非、川西でもミヤマを多数、採集したいと思います。

乞う御期待下さい!!!

ケンケン 2018/06/17(Sun) 02:04 No.12806
処理 記事No 暗証キー

- JoyfulNote -